うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【天皇賞秋反省&分析】

レース結果
Yahoo!競馬 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1205040911/

コーナー順位
2角 2-16-9-4(7,11)(10,14)(5,13)12(1,15)(8,18)6,3,17
3角 2=16,9-4(7,11)(5,10,14,18)13(12,15)8,6,1(3,17)
4角 2=16,9-4,7,11(5,14,18)10,13(12,15)8(3,6)1,17

レース映像

http://youtu.be/YawKRg1oR-I


エイシンフラッシュ。。。Mデムーロ。。。
見事な走り、見事な騎乗でした。現地で見に行きましたが、感動して鳥肌が立ちました。
まさに天が選んだ勝者といった感じがします。
馬券ははずしてしまったのですが、清々しい気持ちがしました。

レースは予想通りシルポートが逃げる展開でした。二番手にカレンブラックヒル、三番手にダイワファルコンがつけます。
予想外はこの後起こりました。シルポートが大逃げを打つ形に。一瞬シルポートについていこうとしていたカレンブラックヒルはこの時に少し体力を使ってしまったのでは無いでしょうか。もちろん、大外から好位につけるのに体力を使ってしまった、と言うのもありますが。
結果としては、シルポート以外は上がりの競馬(上がり3ハロンのタイム勝負)となった形です。それでも全体として上がり3ハロンタイムが遅かったのはHペースの影響でしょう。

今後注目すべき馬は、今回はたくさんいますね。フェノーメノ、カレンブラックヒル、ルーラーシップ、ジャスタウェイ、ジャガーメイルでしょうか。
フェノーメノは今回世代トップクラスの力を証明した形です。勝ち馬との差も「運」でしょう。
ルーラーシップは大外から猛然と追い込んで3着。一番強い競馬をしたと言っても良いでしょう。ただ、あの大外ブン回しでは勝てませんけどね。。。次戦に注目です。
カレンブラックヒルは外枠でなければ。。。と言った感じです。もし内枠だったなら、3着はあったと思います。必ずしも距離適性の問題のみだけでは無いと思います。
ジャスタウェイは好位からの上がり3ハロン34.0でカレンブラックヒルとほぼ差なしの6着。この馬の持つ末脚の能力はやはりトップレベル。今後も注目の必要ありです。
ジャガーメイルは勝ち馬から0.6秒差の7着。近走は1秒差以上の差がついての負けが多かったので、復調気配、と言った感じでしょうか。次走、人気が無いなら注目してみたいです。

勝ち馬のエイシンフラッシュは、今回はあまりにも騎乗がはまりすぎていて、本当に評価できるかは良くわかりません。ただ、上がり3ハロンは33.1と最速、そしてこのメンバーに勝っていると言うのは一定の評価は必要でしょう。過剰評価はしないほうが良いと思いますが。



これで天皇賞秋の反省&分析を終わります。
今回は自分の予想はエイシンフラッシュ以外はほぼ完璧でした。多分ほとんどの人がそうだとは思いますが。。。ただ、予想の醍醐味はエイシンフラッシュのような人気薄の激走の予想にあると思います。自分ももう少し力をつけて、人気薄の激走を的中させていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop

天皇賞秋直前特集1★有力馬情報★

菊花賞はブログ更新できず申し訳ないです。
個人的には馬券をゲットしてG1二連勝とよかったのですが、それを皆さんに還元できず申し訳ないです。

今週は天皇賞秋、天覧競馬で自分としても久々に見に行けるG1とあって気合入ってます。


有力馬情報!!

カレンブラックヒル
デビューから無傷の5連勝。G1NHKマイルカップ、さらに古馬混合のG2毎日王冠でも勝利と実績も十分です。三歳馬で斤量も有利というのも追い風です。おそらく2.3番人気ににはなるでしょう。
しかし、距離延長、相手古馬のレベルが格段に違うこと、そして何より先行馬なのに東京2000mで大外枠(大外枠で先行するためには相当の体力を消費する、差しに作戦変更するにしてもこの相手ではリスク)という向かい風を相手にしなければならないのもまた事実。冷静に見極めることが必要でしょう。
とは言ってもこの馬に能力があるのは事実なので、馬券圏内からは消せないです。
~参考レース~
NHKマイルカップ Yahoo!競馬 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1205020611/
             映像 http://youtu.be/RxNmbVyVf3k
毎日王冠 Yahoo!競馬 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1205040211/
       映像 http://youtu.be/IYMVBQBeOp4
NHKマイルカップはまさに圧勝といった感じです。逃げて自分のペースを作り、最後の直線で後続を突き放しての勝利。形に入ればトップクラスといって良いでしょう。
一方の毎日王冠はNHKマイルカップに比べると少し危なかった感じもしなくは無いです。シルポートがハイペースを作って先行する形になり、最後はジャスタウェイなどに差をつめられました。しかし最後の直線で途中まで並んでいたダノンシャークを突き放す辺りさすがだなと言う気もします。
いずれにせよ、この馬はいい上がり3ハロンを使う=切れる脚を使う(ちょっと違いますが)タイプの馬ではないので、2000mという距離でシルポートがHペースをつくり、先行するにも厳しい条件、差しはきついと言う中では評価を下げざるを得ない、というか本命にはできないです。



ルーラーシップ
クイーンエリザベスC1着、宝塚記念2着で勢いもあり、現古馬の中ではオルフェーヴルに次ぐ二番手といっても過言ではありません。宝塚記念もHペースの中好位で競馬を進めながらも上がり3ハロンはメンバー中3番目の35.4を記録しています。実績は十分ですし、状態しだいでは本命の第一候補でしょう。
~参考レース~
宝塚記念 Yahoo!競馬 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1209030811/
       映像 http://youtu.be/t5k6IebW5hs
やはりこの時点ではルーラーシップとほかの馬には絶対的な差があったような感じがしました。しかし日経賞では宝塚記念で先着したウインバリアシオンに先着されており、その期間は3ヶ月、今回も宝塚記念から4ヶ月もあくのでどうなるかは分かりません。良く考慮する必要ありでしょう。


トーセンジョーダン
昨年の天皇賞春の勝ち馬であり、今年も春天2着などの実績を重ねており、実績という意味ではメンバー中でも随一です。しかし今回は札幌記念回避という不安材料があります。調教映像を見てじっくり判断する必要があるでしょう。
またこの馬は「安定感」ということも評価されています。デビュー以来掲示板をはずしたのが2回、複勝圏を外したのは6回と抜群の安定感です。しかし、注目したいのは昨年のデータ。阪神大賞典を取り消した後の宝塚記念では9着に沈んでいるというものです。右肩ハ行(右肩が原因で歩き方がおかしい)と裂蹄(つめのひび)という違いはあるものの注目すべきデータでしょう。
この馬に関しては良くて3着、という形にしたいと思ってます。
~参考レース~
天皇賞春 Yahoo!競馬 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1208030411/
       映像 http://youtu.be/_-nu7bYaAXU
少し古すぎる気もしますが。



★有力馬情報2★に続きます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。