うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【安田記念2017回顧】14万5200円勝利!!

とても久しぶり(4年ぶりくらい)の更新です。
色々忙しくて更新していなかったのですが、競馬は細々続けておりました。がっつり予想することは昔に比べて減りましたが。。

安田記念2017で大ヒットを飛ばしたので、嬉しくなり久々の更新をしてみました。

複勝1点33000円勝負。
yasuda.jpg


予想の根拠としては、安田記念は2年連続3着以内の馬が多いコース適性が問われるレースで、G1で2勝しているロゴタイプであれば勝つ確率は相当に高い、ということでした。
マイナス要素として3か月の休み明けという点はありましたが、ペースも超ハイペースにはならず先行するロゴタイプに有利に働くだろうということで、近走成績がイマイチではありましたが6割方3着には入るなーと思い複勝1点勝負を決断しました。
終わってみれば見事にハマって良かったです。

※安田記念連続好走馬
ウォッカ 2008(1)、2009(1)
ストロングリターン 2011(2)、2012(1)
グランプリボス 2012(2)、2014(2)
ショウナンマイティ 2013(2)、2014(3)
モーリス 2015(1)、2016(2)
→これだけの好走歴があれば十分に馬券購入の根拠となりうると思います(大きなマイナス要素が無ければ)。特に2012・2014グランプリボス、2014ショウナンマイティは10番人気代の好走であり、今回8番人気の人気薄だったことも馬券購入の追い風でした。

また少しづつ更新できるようにしていこうと思いますので、時間があるときにちらちら見に来てください!!


スポンサーサイト

PageTop

【天皇賞秋反省&分析】

レース結果
Yahoo!競馬 http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1205040911/

コーナー順位
2角 2-16-9-4(7,11)(10,14)(5,13)12(1,15)(8,18)6,3,17
3角 2=16,9-4(7,11)(5,10,14,18)13(12,15)8,6,1(3,17)
4角 2=16,9-4,7,11(5,14,18)10,13(12,15)8(3,6)1,17

レース映像

http://youtu.be/YawKRg1oR-I


エイシンフラッシュ。。。Mデムーロ。。。
見事な走り、見事な騎乗でした。現地で見に行きましたが、感動して鳥肌が立ちました。
まさに天が選んだ勝者といった感じがします。
馬券ははずしてしまったのですが、清々しい気持ちがしました。

レースは予想通りシルポートが逃げる展開でした。二番手にカレンブラックヒル、三番手にダイワファルコンがつけます。
予想外はこの後起こりました。シルポートが大逃げを打つ形に。一瞬シルポートについていこうとしていたカレンブラックヒルはこの時に少し体力を使ってしまったのでは無いでしょうか。もちろん、大外から好位につけるのに体力を使ってしまった、と言うのもありますが。
結果としては、シルポート以外は上がりの競馬(上がり3ハロンのタイム勝負)となった形です。それでも全体として上がり3ハロンタイムが遅かったのはHペースの影響でしょう。

今後注目すべき馬は、今回はたくさんいますね。フェノーメノ、カレンブラックヒル、ルーラーシップ、ジャスタウェイ、ジャガーメイルでしょうか。
フェノーメノは今回世代トップクラスの力を証明した形です。勝ち馬との差も「運」でしょう。
ルーラーシップは大外から猛然と追い込んで3着。一番強い競馬をしたと言っても良いでしょう。ただ、あの大外ブン回しでは勝てませんけどね。。。次戦に注目です。
カレンブラックヒルは外枠でなければ。。。と言った感じです。もし内枠だったなら、3着はあったと思います。必ずしも距離適性の問題のみだけでは無いと思います。
ジャスタウェイは好位からの上がり3ハロン34.0でカレンブラックヒルとほぼ差なしの6着。この馬の持つ末脚の能力はやはりトップレベル。今後も注目の必要ありです。
ジャガーメイルは勝ち馬から0.6秒差の7着。近走は1秒差以上の差がついての負けが多かったので、復調気配、と言った感じでしょうか。次走、人気が無いなら注目してみたいです。

勝ち馬のエイシンフラッシュは、今回はあまりにも騎乗がはまりすぎていて、本当に評価できるかは良くわかりません。ただ、上がり3ハロンは33.1と最速、そしてこのメンバーに勝っていると言うのは一定の評価は必要でしょう。過剰評価はしないほうが良いと思いますが。



これで天皇賞秋の反省&分析を終わります。
今回は自分の予想はエイシンフラッシュ以外はほぼ完璧でした。多分ほとんどの人がそうだとは思いますが。。。ただ、予想の醍醐味はエイシンフラッシュのような人気薄の激走の予想にあると思います。自分ももう少し力をつけて、人気薄の激走を的中させていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。