うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【小倉記念予想】





最近予想を書けなくてすいませんでした。。。
少し忙しくて。。。

さて、世間はオリンピック真っただ中ではありますが、競馬の方もしっかりやっていきたいです。
夏競馬は大穴を狙いやすいですしね。

では、小倉記念の予想の方始めていきたいと思います。


まずレース展開の予測ですが、今回はミキノバンジョー、エージンラインと逃げ馬が二頭いてハイペース気味になると思います。定石通りに行くと、差し馬を中心に狙っていくと良いでしょう。
なので今回は、いい上がり脚の使える差し馬を狙っていきます。

最終的な予想が以下のようになります。


◎アスカクリチャン
〇トーセンラー
▲タムロスカイ
△ダノンバラード、ニシノメイゲツ
☆ワルキューレ



◎アスカクリチャンは、安定した上がりを使えるということを第一に評価しました。前走は36.0(Mペース)でメンバー中3番目のタイムでしたし、2走前〜5走前はほとんど全てで33秒台の上がりを使っています。前走七夕賞を勝っているのもプラスでしょう。今回は斤量が...というのはありますが。

〇トーセンラーは35.7(Sペース)で前走メンバー中上がり3ハロンタイムが最速なのを評価しました。能力ではメンバー中随一のものがありますし、前走はアスカクリチャンには負けてはいますが、今回は斤量が同じというのも評価できます。
この◎〇には個人的には大きな差がないと思います。

▲タムロスカイは先行馬で、展開的にはどちらかというと向かないと思いますが、35.0前後の今回のメンバーでは良い方の上がりを使えますし、前の方の位置取りからも、勝つチャンスは有るのではないかと思います。

△は上がりが上位なことに加え、ダノンバラードは安定した順位、ニシノメイゲツは53キロの軽い斤量をそれぞれ評価しました。



これで小倉記念の予想を終わります。
レパードsの予想は時間無くて載せれません。ごめんなさい。。。



................................................................................................................................................................................
[PR]
すべてのコンテンツが使い放題!競馬チャンネル
データ血統調教の三つの観点から重賞の予想がされており、
自分の予想方法にマッチしたものを参考に出来ます。

また、重賞の過去データリアルタイムオッズも見ることが出来ます。

このサイトがあなたの競馬予想の強力な補助ツールになってくれることは間違いないです。
登録無料なので是非!!!!
................................................................................................................................................................................

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。