うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【ヴィクトリアマイル】アパパネは何故人気になっている?

今日はG1ヴィクトリアマイルですね。現在アパパネが一番人気になっているようですが、果たして正当に評価されての一番人気でしょうか。私にはどうも、軸足りうる絶対的な馬がいないので、アパパネが祭り上げられているようにしか思えないのですが…調教を見る限りでも、馬体を絞るのに必死という感じで本来の調子とはほど遠いという印象でしす。まあ、今回は予想がとても難しく、強いという虚構に縋りたい気持ちは分かりますが。実際に予想していても、予想が二転三転して、これ!という予想には至らなかったですしね。まあ、今回も出来るだけ客観的な視点から予想出来るよう心掛けていきます。


まずレース展開を予測していきましょう。8クイーンズバーンや2レディアルバローザ、15エーシンハーバーあたりが逃げ、12ホエールチャプチャなどが好位につけ比較的張りのあるペース、つまりハイペース気味にレースが推移することが予測されます。また、集団もある程度縦長になると思います。

このことを踏まえ、今回も2つの観点から予想をしていきます。
1.勝てる差し馬を探す
2.前残りに注意する

定石通りに行けば、ハイペース気味に推移するレースでは差し馬が台頭することになります。直線が厳しい東京ならなおさらのことです。しかし、現在の馬場はパンパンの良馬場=高速馬場(スピードがでる)で、その点も無視してはならないでしょう。つまり、前残りにもある程度警戒しなくてはならないということです。また、差し馬でもあまり後ろにいると差しても届かない可能性があるので、注意する必要があるでしょう。差し馬をねらう場合は、好位から良い末脚を使える馬を選ぶべきでしょう。

以上を踏まえ、下のように予想しました。




◎オールザットジャズ
○ドナウブルー
▲フミノイマージン
△ホエールチャプチャ、レディアルバローザ、クイーンズバーン、グランプリエンゼル、(マルセリーナ)




アパパネは調教が余りにも良くないので切りました。オールザットジャズ、ドナウブルー、フミノイマージンは34秒台前半の上がりを使える点で、自分の中ではほぼ同格だったのですが、オールザットジャズが1000万1600万G3と勝ってきた上がり馬だということ、ドナウブルーの前走は体重大幅減と理由がハッキリしていること、フミノイマージンは一番良い上がりを使えるが位置どり的に差せるか微妙なのではという点からこういう順番にしました。
連下として、前で競馬する中から実績のある三頭に加え、最近1200mでレースをしており、久々のマイルが心配ではあるが、上がりは良いグランプリエンゼルを挙げてみた。あとはマルセリーナを余裕があったらかうといいのでは。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。