うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5.枠順、人気

現金還元率業界No1!予想ネットでお小遣い♪



頭数と枠順
頭数とはそのレースに出走した馬の数のこと。一般的には8頭以下は少頭数、12頭以上を多頭数という。また、少頭数では能力通りに決まり、多頭数では荒れると言われる。少頭数では枠順の有利不利や展開のあやが少ないのに対し、多頭数では枠順や位置取りで思わぬ有利不利があるからだ。JRAでは大体が多頭数によるレースなので、過去に多頭数での競馬経験があるか、実績はあるかなどをチェックしておいたほうがいいかもしれない。
以下、多頭数競馬で馬券のポイントとなるところを挙げておく。


 ・追い込み一手の馬
鋭い末脚で後ろから追い込んでくるのが得意な馬は多頭数では狙いにくい。先行馬に進路をふさがれたり、外外を回ったりと展開のあやを受けやすいからだ。よっぽどの能力のある馬なら狙っても良いが、それ以外はよく展開を予測してから狙ったほうがいいだろう。

 ・小柄な馬、馬群に揉まれると弱い馬
位置取り争い、馬群でのもみ合いが激しくなると小柄な馬などは戦意を失ったり、ゴール前でばててしまったりするので注意したい。
 
 ・気性が難しい馬
レースのゲート入りは、まず内側の奇数番(1番、3番...)から入れ、次に内側の偶数版(2番、4番...)を入れる。そのため気性の荒い馬などが奇数番にはいったりした場合、スタートまでの待ち時間が長く、イライラして出遅れたりするので注意が必要。


また、上記のように枠順によっても有利不利が生じることがある。なので以下、多頭数競馬のときの枠順から見た馬券のポイントを見ていく。

 
 ・逃げ馬が内枠のとき
先頭に立つために最短距離で進めるため、無駄なエネルギーをロスすることなく、最後に粘ることができる。逆に出遅れると、外の馬に進路をふさがれ前に行くのが難しくなり、一気に不利となる。

 ・逃げ馬が外枠のとき
先頭に行くまでに脚を使う必要があり、無駄に体力を消費してしまう。ただし中長距離では先行争いがあまり激化しないため、スタートの悪い逃げ馬には逆に良いこともある。

 ・差し馬が外枠のとき
後ろからレースを進めたい差し馬の場合、外枠から出たほうが都合の良いポジションにつきやすいため有利と言える。逆に内枠だと外側の馬に包まれ、思い通りのポジションが取れなくなる可能性がある。


.........................................................................................................................................................................
[PR]
最強級競馬予想の決定版

馬券を当てるためには、自分の予想力を上げるのはもちろんですが、無料サイトをうまく利用するのも重要になってきます。無料サイトの買い目と自分の予想を照らし合わせて自分の予想力を上げることができるのはもちろん、無料サイトが思わぬ穴馬を指名して、もう一度考えてみるとその馬を見逃していたということも多々あります。
このサイトも登録無料、買い目無料提供です。
是非役立ててみては?
.........................................................................................................................................................................


人気
各馬の人気は単勝馬券の売れた数で決まる。つまり、最も単勝馬券が売れた馬が一番人気となる。人気が集まるのはそれだけその馬が勝つと思われる材料が多いと言うことであるが、中には実力よりも人気が先行する馬も多い。なので以下、危険な人気馬の見抜き方についてみて行く。

 ・実績馬は調子による
過去の実績が買われて人気になる場合、能力は過去の成績で連対率が高いなど信頼を置いていいだろう。その場合は、近走成績や調教、パドック、返し馬を分析するなど、調子を見て決めたい。特に競馬の情報などでは人気馬や、その情報源が推している馬の調子を良く書きがちなので、客観的な数値や自分の目を信頼したほうが良い。

 ・良血馬
両親が活躍していたり、兄弟がG1勝ちしていたりすると人気になったりする場合がある。新馬戦ならまだしも、その馬の実力は実績(レース内容)から客観的に判断したい。

 ・調教がけする馬
調教時計が良い馬を「調教がけする」と言う。普段の調教では良い動きをするのに実践になると順位が悪いという馬がいるが、こういう場合には精神面などに何かしらの原因がある時が多い。その原因が無くなるまでは馬券を買うべきではないが、調教で水準を超えるタイムを出せるのは非凡なことの証なので、克服すると一気に強くなるといったケースが多いので注目はしておきたい。

 ・馬体の良い馬
大きくてバランスの取れた体をした馬も人気になることが多い。しかし、前述のとおり実力はあくまで実績から判断したい。


一頭の馬に人気が集中した場合を「一本かぶり」と言う。人気を集めているのにはそれなりの理由があるが、レースが荒れるのはこういう馬が負けたときになるので、その馬が本当に信頼に足るかはじっくり考察したい。それで危ないと判断したら、配当的にもその馬を切った馬券で勝負したほうがいいだろう。


           <<4.走破時計と上がり3ハロン       6.ローテーション、馬体重>>


.........................................................................................................................................................................
[PR]
「オッズ分析」で驚異の的中率を実現!!『競馬トレンド』

このサイトはJRAの過去20年間35,000にも及ぶレースをデータベース化しており、出走頭数、馬券種別ごとの得票傾向、オッズ分布をパターン化し分類し、指標となるベンチマークオッズの出現率と実際のレースの得票率から有力買い目を予想して、高配当を実現しています。
当サイトは理論的かつ科学的な予想法を提供していますが予想には必ず一定の“情報量”が必要です。情報の多さが予想の精度の高さに直結するといっても過言ではありません。このような無料メルマガを利用してより多くの情報を得ることはお金をかけずに勝つという点でコストパフォーマンスが非常に高いと言えます。
..........................................................................................................................................................................

[参考]
『重賞1番人気”消し”の掟』― (SAKURA・MOOK 81)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。