うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2.馬柱を読む




                              click here↑↑



競馬新聞に載る出馬表のうち、1頭分の縦一列を馬柱という。馬柱には、その馬が今まで走ってきたレースの情報がたっぷり詰まっているので、予想にものすごく役立てることができる。馬柱を読めるようになることが、馬券予想の第一歩と言ってもいいだろう。馬柱の表記の仕方は新聞よってばらつきがあるが、大筋は変わらない。今回は、その馬柱の読み方について見ていきたい。

馬柱4
馬柱の一番上には、枠番が書かれている。枠番とは、馬がスタート時に入る発馬機の番号のことで、1番を最内枠にして番号が上がるごとに外枠になっていく。
その下には馬名が書かれている。馬名については、日本ではカタカナ2~9文字かつアルファベットで18文字以内と決められている。たまに外国馬を見ると名前が長い馬がいて驚かされることも。馬名の右隣には父馬名、左隣には母馬名が書かれており、その馬の血統までうかがい知ることができる。
その下には、負担斤量、騎手名、馬の年齢性別、獲得賞金、調教師名などが書かれている。

馬柱5
更にその下には、新聞の予想陣の予想が書いてある。◎が1着の確率が高い本命馬、〇が本命馬を倒す可能性が最も高い対抗馬、▲が展開次第では1着も十分ある単穴馬、△が1着の可能性は低いが連対(2着以内)は可能な連対馬といった形で、誰でも予想陣の予想が読み取れるようになっており、印の付き方で、どの馬が人気になりそうかある程度予測することができる。その下ではその馬がある距離で出した最も早いタイム(持ち時計)、母の父馬名(血統において大事になる)、馬の生産者名などがわかる。


.............................................................................................................................................................
[PR]
三連単6点で穫る!!負けない馬券術『勝利の方程式』

買い目を極限まで絞った「三連単6点」での予想により高い回収率を誇っています。
6点まで買い目を絞ることができるのは自信の現れ。
買い目を絞ることによりリスクを最大限減らし、リターンを最大限増やすことができます。
今なら安田記念の買い目も入手できるので是非。
..............................................................................................................................................................



馬柱8その下ではその馬の重馬場(悪い、走りづらい馬場)での成績がわかるようになっており、右から重馬場での着外(4着以下)、3着、2着、1着の回数が書いてある。ここでその馬が重馬場が苦手か得意かある程度知ることができる。

馬柱3
重馬場成績の下には距離別成績がかかれている。ここでは、その馬がそれぞれの距離でどういう成績だったかを知ることができる。下から順にその距離での着外、3着、2着、1着になっている。
例えばこの馬柱の馬は、2000メートルで1着5回、2400メートルで1着1回である。
ここから、その馬がどういう距離が得意なのか苦手なのかが大まかに知ることができる。

馬柱2
ここから下が近走成績となる。ひとコマ分にその馬の過去の1レースの情報が書かれている。
上から、開催回・開催場所・馬場状態・出走日、レース名・着順・着差、距離・走破時計、負担斤量・騎手・着差時間、馬番・人気・馬体重、レースの位置取り・短評、前半3ハロンタイム・ペース・後半3ハロンタイム、1着馬(2着馬)となっている。(わからない単語沢山あると思いますが、のちのち解説していきます)
近走成績は、普通は3~5レース分載っており、下から順に最新レースのものになっている。この近走成績こそ競馬予想の要の一つなので、ここはしっかり読み取れるようになるといいと思う。

馬柱1
一番下には、コース別の成績と決めて別の成績が載っている。
どちらも距離別成績と同じように下から着外、3着、2着、1着となっている。ここを見ることで、その馬がどんなコースを得意としているのか、どんな脚質であるかを知ることができる。
ちなみに脚質はあとで説明することもあるだろうが、大きく逃げ・先行・差し・追い込みとありそれぞれで求められる馬の資質が違ってくる。


馬柱7


馬柱がまとめられ、右のようにひとつのレースの出馬表となる。



<<Ⅰ-1.競馬新聞の選び方          Ⅰ-3.レース内容を知る>>

.................................................................................................................................................................
第62回安田記念 ◆厳選馬無料配信!】

↑↑安田記念の厳選買い目が今だけ無料配信。今すぐチェック!!
.................................................................................................................................................................

[参考]
『京大式』--一瞬で適性の幅を見抜く馬柱読み
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。