うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【帝王賞予想】





普段は時間が無いということもあり、地方競馬の予想はしないのですが、やはり帝王賞は予想しておくべきかなと思い、簡潔にはなりますが予想をしたいと思います。
帝王賞馬柱→http://www.nankankeiba.com/uma_shosai/2012062720050411.do


レースはオオエライジン、エスポワールシチーの二頭が逃げ、競い合うのである程度ハイペース気味になると思います。基本的には差し馬を重視すればよいと思います。(エスポワールシチーはハイペースでも自分の競馬をすれば勝てる馬ですが。。。)

最終的な予想は以下の通りになります。


◎テスタマッタ
○ゴルドブリッツ
▲エスポワールシチー
△ランフォルセ、トーセンルーチェ



展開を考慮してフェブラリーS覇者テスタマッタ、JRAのオープン、G3と連勝してきて勢いのあるゴルドブリッツの差し馬二頭を本命、対抗とさせてもらいました。(この二頭の差は上がり3ハロンはテスタマッタの方が良い時計を使えるという点です)

それでもエスポワールシチーはテスタマッタと並んでメンバー中では実力で抜けているので、逃げ切る自分の競馬ができれば十分勝てるということで▲にしました。(前走かしわ記念で勝っていますが、スピードが出やすいダートの重馬場ということも会って完全復活とは言えないかなという事もあります)

後は能力のある差し馬二頭を△評価にしました。



以上で帝王賞予想を終わります。
大井競馬場、結構近いのですが予定があって行けないので残念です。。。


................................................................................................................................................................................
[PR]
競馬予想を無料でGET『競馬トレンド』

なぜ当たるのか??
高的中率・高回収率の秘密は→「オッズ統計解析」
オッズの偏りから勝ち馬、穴馬を探し出し過去の統計データと照合することで高的中率を実現。さらにオッズ分布からレース傾向を予測し勝負レースを絞り込むことで高い回収率をたたき出しています。「オッズ統計解析」は、統計学に基づく科学的な競馬予想理論なのです!!
登録だけなら無料!!ぜひ試してみてください。
................................................................................................................................................................................
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。