うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【毎日王冠予想】逃げ馬を考える

毎日王冠は東京芝1800mで行われます。
このコースはスタートからコーナーまでの距離が短く加速できないので、ペースは落ち着く傾向にあります。枠は断然内枠有利で、ロスなく回れる先行馬は有利な傾向にあります。外枠の先行馬は位置取りをつかむために距離のロスが多く、かなり不利になります。
今週は開幕週で芝の状態が良く、スピードに乗りやすいため、内枠有利は一層顕著になると思います。





このことを踏まえ、予想をしていきたいと思います。


まずはレース展開の予測から。
今回は確固たる逃げ馬はシルポートの一頭のみ、ペースはコース特性と相まってスローペース気味になると思います...
と言いたいところですが、今回は逃げ馬の特性まで考えます。

逃げ馬には大きく四つに分けられると思います。
  1.スピード能力がずば抜けてほかの馬がついて来れない馬
  2.掛かってしまい結果として逃げる馬
  3.逃げなくてもいいがレース展開によって結果的に逃げている馬
  4.余力を残しても良い上がり脚を使うので序盤にリードを奪いたい馬

シルポートに関しては4に属するので、今回は序盤に大量リード作りたいシルポートが逃げ、ハイペース気味になると予測して良いでしょう。

厳しいペースとなるため、1800m戦である今レース、1600mなど短距離に強い馬ではなく、2000mなど中長距離に強い馬を狙っていくといいでしょう。あとは基本通り、差し馬中心に狙うといいと思います。




最終的な予想は以下の通りになります。(評価点はヨコに簡単に列記)

◎ダノンシャーク 1800m実績、末脚、近走成績、差し馬 
〇フェデラリスト 1800m2000m実績、実績(G2勝ち)、差し馬、内枠、前走(割引)
▲ストロングリターン 末脚、1800m実績(1012と微妙で割引)、G1勝ち
△1カレンブラックヒル 内枠、斤量、距離不安(割引)
△2エイシンフラッシュ 2000m実績、追切
△3スマイルジャック 末脚、前走
△4トーセンレーヴ 距離実績、先行(割引)、大外枠(割引)



買い目
三連複 ◎〇▲ー△1234ー△1234
馬連 ◎〇▲ボックス


以上で毎日王冠の予想を終わります。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。