うまいろクローバー -初心者向け競馬予想ブログ-

初心者でもできる!理論的な予想術&レース分析法を公開!

MENU

Ⅰ競馬新聞を読む Ⅲ調教分析
1.競馬新聞の選び方
2.馬柱を読む Ⅳパドック、返し馬分析
3.レース内容を知る
Ⅱ近走成績の分析 Ⅴ競馬場コース分析
1.着順、着差
2.位置取りによるレース分析 Ⅵその他
3.ペースと脚質 【レース予想】
4.走破時計と上がり3ハロン 【レース分析&反省】
5.枠順、人気 【競馬ニュース】
6.ローテーション、馬体重 【その他のニュース】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3.ペースと脚質

......................................................................................................................................................................
[PR]
今週のボーナス!!アノ過剰人気馬の凡走レース!!買い目公開!!
自分の予想と他人の予想を比べたいけどつてがない・・・そんなあなたに無料で買い目予想を提供!!!
そのまま買っても良し!自分なりにアレンジして買うもよし!参考程度にするのもよし!予想に必要な情報量不足を「補おう!
..........................................................................................................................................................................

ペース・脚質の分析

競馬新聞のデータの一項目には、ペースが記載されているが、ペースはしばしば勝ち馬を左右する事がある。展開次第では、思わぬ大穴が勝ち、有力馬が負けるということもある。今回はレース分析や予想には欠かせない、ペースについて見ていきたい。

レースのペースはレースの流れる速さにより、H=ハイペース、M=ミディアムペース(平均)、S=スローペースの三段階で表示される。そしてそれは、前半が速ければハイペース、遅ければスローペースというように、レース前半の速さにより決定される。
また、ペースは逃げ馬によってある程度予測することができる。例えば逃げ馬が1頭しかいない場合、他に競り合う馬がいないので無理をしないため、スローペースになりやすい。逃げ馬がいない時も、互いが牽制しあってスローペースになりがちとなる。逆に、逃げ馬が2頭以上いると、逃げ馬同士が競り合ってハイペースになりやすい。 ただこれはあくまで一般論なので、逃げ馬の力量、騎手、枠順によっても左右されるという事は言っておきたい。いずれにしても、レースの予想をするさい、逃げ馬の数からペースをある程度予測しておくのは大切だろう。

レースのペースにより脚質に有利不利が生じるのも覚えておきたい。基本的には、前の方が余力を持ってレースを運ぶことの出来るスローペースでは、後ろから届きにくく逃げ・先行馬が有利、前の方が競り合ってバテがちになり、後ろから追いつき易くなるハイペースでは差し・追い込み馬が有利になる。なので、不利なはずのハイペースで勝った逃げ・先行馬、スローペースで勝った差し・追い込み馬に関しては高く評価して良いだろう。
では、以下馬券予想のポイントを纏めておこう。



 ・ハイペースながら着順の良い逃げ、先行馬
ハイペースの中逃げた、あるいは先行した馬は最後バテて当たり前だか、後半もスピードを維持して逃げ切ったり、連対を確保した馬は能力が高いと言え、大きく評価できる

 ・スローペースで勝った逃げ、先行馬&ハイペースで勝った差し、追い込み馬
有利なペースで、展開に恵まれて勝ったということ。勝ちは勝ちでも大きく評価しない方が良いだろう。また、着順が良かったとしても、有利な展開だったなら、1着でなければ評価しなくても良い。

 ・スローペースで着順の良い差し、追い込み馬
このときの差し・追い込み馬は、前にいる余力のある馬を追い抜いたということ。前の余力十分の馬を追い抜くには相当の末脚が必要となるため、この結果は高く評価していい。ただ、集団がダンゴ状で、4コーナーを回って横一線といった場合には、前後の差が少なく、瞬発力のある差し、追い込み馬が有利なときもあるので注意したい。

 ・ハイペースで負けた逃げ、先行馬&スローペースで負けた差し、追い込み馬
ペース、展開が向かなかったという明確な敗因があるので着順・着差がほどほどの敗戦であれば次に巻き返す可能性はある。次走のペース、展開が向きそうなら狙うのもいいだろう。

 ・スローペースで大敗した逃げ、先行馬&ハイペースで大敗した指し、追い込み馬
ペース、展開が向いたのに大敗したということは、他馬に比べ能力が劣ったということ。全く評価できない。次走も同じクラスなら馬券は切るのがいいだろう。



ここまでペースについて色々言ってきたが、どれがハイペースでどれがスローペースなのかを判断するのは結構難しいと思う。なので下にペースの判断の目安となるグラフを書いておくので直近のレースの評価などに利用して欲しい。
また、タイムを参考にする以外に、逃げ馬の着順でペースを判定することもできる。逃げ馬がそれなりの順位だった場合レースは比較的落ち着いたペースだったとわかるし、逆に大敗していた場合はハイペース気味だったと分析できる。まあ逃げ馬の能力と照らし合わせてレース展開を読むひとつの参考にして欲しい。



   <<Ⅱ-2.位置取りによるレース分析       Ⅱ-4.走破時計と上がり3ハロン>>


...................................................................................................................................................................................
[PR]
「オッズ分析」で驚異の的中率を実現!!『競馬トレンド』
このサイトはJRAの過去20年間35,000にも及ぶレースをデータベース化しており、出走頭数、馬券種別ごとの得票傾向、オッズ分布をパターン化し分類し、指標となるベンチマークオッズの出現率と実際のレースの得票率から有力買い目を予想して、高配当を実現しています。
予想には必ず一定の“情報量”が必要です。情報の多さが予想の精度の高さに直結するといっても過言ではありません。このような無料メルマガを利用してより多くの情報を得ることは大変コストパフォーマンスの良い賢い選択と言えるでしょう。
..................................................................................................................................................................................


距離ごとのペース判断基準タイム (『競馬の教科書』より引用)

スポンサーサイト

PageTop

コメント

距離 自己条件 Hペースの5Fラップ Sペースの5Fラップ
1200m オープン 55.6 57.8
1600万 56.6 58.2
1000万 57.0 58.8
500万 57.8 59.0
1600m オープン 56.8 58.4
1600万 57.2 58.8
1000万 57.8 59.0
500万 58.6 59.8
2000m オープン 58.2 60.2
1600万 58.8 60.8
1000万 59.8 61.2
500万 61.0 62.2
2400m オープン 60.0 62.0
1600万 60.8 62.0
1000万 61.2 63.0
500万 62.0 63.6
3200m オープン 61.0 63.0

管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。